株ってまずなに?

株とは簡単に言ってしまえば企業などに対してお金を貸し付けているということを示す証明書です。
例えば額面が1000円のA社が発行した株券を持っているのであれば、その人はA社に対して1000円を貸しているということになります。
企業はこの証券を発行することでお金を集めて事業を行い、事業が成功して利益が出た時にはこれまでお金を貸してくれていた人に対して利益を配当という形で分配して見返りとするのです。
最近では出資者に対してそれぞれの企業独自のサービスを提供することも増えてきましたが、要するに「株を買う」というのは「企業に出資する」ということになるわけです。
さて、ではこれを用いた投資がどういった形になるのかということについてもう少し詳しく触れていきますと、まず一つ目の運用法になるのがインカムゲインと呼ばれるものです。
これは先ほど述べた利益分配を目的として行う投資法で、例えば1000円あたり半年に10円の配当が渡されるとして考えますと株の保有者は1年間で1000円あたり20円の利益を得ることが出来ます。
これが100倍の10万円の出資になると配当も100倍になりますから、1年間で2000円の利益です。
これを積み重ねて地道に稼ぐのがインカムゲインの基本的な仕組みです。
そしてこれとは別の方法となるのがキャピタルゲインと呼ばれる方法で、こちらは「購入時と売却時の差額を利用して利益を出す」という方法になります。
株券は所有者が別の人に譲渡することもできますから、例えば最初に1000円で買った株を1500円で買いたいという人が出てきた際に売り渡せば500円の利益が出ます。
もちろん権利を譲渡する以上配当を得ることはできなくなるのですが、株券を換金しつつ利益を出すという方法としては優れていると言えるでしょう。
株はこうした仕組みによって資産として運用されているのです。

株で儲かる仕組みは?

株で利益を上げる仕組みは大きく分けて3種類があります。
一つは投資の王道である配当益です。
成長の可能性の大きな企業に投資をし、その見返りとして配当を得るという方法です。
これはインカムゲインと呼ばれる利益であり、株式を保有していることによって継続的に受け取ることが出来ます。
企業の業績によって変動する仕組みがあるため安定するものではありませんが、投資の醍醐味であると言えるでしょう。
そして次が株価の変動によって利益が生じるキャピタルゲインと呼ばれる利益です。
一般的には株を安い価格で購入して高い価格で売却することによって差益を稼ぐことを言います。
これは値動きの激しい銘柄や急成長が期待される銘柄を保有することによって実現することが出来ます。
インカムゲインに比較して短期間で利益を生むことも出来る仕組みになっているため、注目を集めています。
短期的な成長が見込める際に積極的に利用したい投資のスタイルであると言えるでしょう。
またこのキャピタルゲインには高い株価の時に売って、安くなってから買い戻すという方法で利益を上げることも出来ます。
これは保有していない株式を借りて売却し、安くなってから買い戻して返済するという仕組みで成り立っていますので株価が下落方向に進んでいる時にでも利益を出すことが出来る方法なのです。
投資の世界ではカラ売りと言い、信用取引によってのみ実現可能な売買のスタイルです。
前述したように株式を借りて売買を行いますのでどの銘柄でも出来るわけではありませんが、そのための仕組みがある銘柄では上下どちらの値動きをしても利益を出すことが出来る仕組みであるという点で非常に魅力を感じることが出来ます。

株を買うメリットとは?

資産運用で最もリスクが低いのは、銀行に預けて利息を受け取ることです。
しかし利息はそれほど多くないので、銀行預金だけでお金を増やすことはできません。
銀行にもよりますが、1年間10万円を預けたとしても200円ほどしかプラスになりません。
株にはリスクがつきものですが、大きな利益を得るチャンスが転がっています。
銀行は預金者からのお金を他の人や企業に貸すことで利益を得ています。
預金という行動で銀行の運営を支えていますが、株主でないので特別な待遇を受けることはありません。
株の場合は数十万円投資しただけで、その企業が順調に成長すれば数万円になります。
株主が得られる利益は3つあります。まずキャピタルゲインという値上がり益です。
10万円が20万円に値上がれば、10万円の利益を獲得します。
次に配当です。インカムゲインと呼ばれ、株を保有するだけで配当金をもらえます。
そして株主優待です。企業によって優遇される内容は異なりますが、その企業が提供するサービスをお得に利用できることが多いです。
さらに投資をすると、自分の人生を豊かにするというメリットもあります。
投資は資産を増やすか減らすかだけだと見なされがちですが、投資を通じて社会の流れを知ることができます。
経済は社会を大きく変化させるので、株価の動きを予想したり分析することは現実社会を把握することと同じです。
自分の予想が外れて赤字になったとしても、その理由を考えることで次のステップにつながり、より経済の流れを理解できます。
社会を知るために新聞やニュースを真剣に利用するので、経済以外にも政治や国際情勢など株価と関係する様々な事柄に詳しくなり、人生を有意義にします。
■株について知ろう
仕手株
■自分もお世話になったサイト様
株で成功するための覚え書き
投資顧問 ランキング