アーカイブ | 6月 2016

  • 多額の資金が必要になる株の買付について

    個人投資家には直接的に関係の深いものではありませんが、市場では時々多額の資金が一つの銘柄につぎ込まれる状況が発生します。これは通常の株価の上昇の場合もありますが、何らかの形で行われる企業買収である場合も少なくありません。株式取引の用語の中には不特定多数の個人投資家を含む株主から時価を上回る価格で株式を買い集める手法が存在しており、その名前を株式公開買付と言いいます。もしもこの様な手段に出た場合には、買収を行う側の企業に非常に多額の資金が必要になるものであると言えるのです。この時に投じられる資金は非常に巨額であり、提示された金額で売却しても大きなメリットが得られる水準である場合が少なくありません。個人投資家にとっては売却のチャンスでもあるのです。 この株式公開買付、いわゆるTOBは経営権を取得するために過半数の株式を取得するまで行われるのが一般的です。小型の企業であっても株式の過半数を抑えるためには非常に多額の資金が必要になりますので、基本的には個人でどうにかできるものではありません。しかし企業同士の競争の中ではこの様な手法で吸収や合併が行われることは少なくないのです。この様に多額の資金が動く中で個人投資家は売却することで利益を得ることが出来ます。TOBの場合には一定割合の取得を目標としていますので、どの程度の金額であれば目的が達成できるかを想定して金額を提示してくるのが一般的です。それに対してどのように感じるかは投資家個人の考えによって決めていくことが必要であると言えるでしょう。何が正しいかは誰にもわかりませんので、自己責任で選択して行くしかありません。この様な仕組みが投資の基本であると言えるでしょう。